任意整理後はローンが組めなくなるのか?

niin

任意整理を行った場合にうけるデメリット

月々の支払いや借入れの返済が厳しくなった時に、その債務を返済する事が難しくなった場合は、債務整理をする事が有効な場合もあります。その中でも任意整理を行った場合、その後の返済を軽くする反面、受けるデメリットも存在します。

ではそのデメリットにはどの様なものがあるのでしょうか。基本的に任意整理は裁判所等の公的執行機関を利用する事無く、民事的に債務の整理を行う債務整理の方法です。従って完全な債務整理効力を持たないとはいえ、存在する債務の返済を軽減する交渉を有効に行う事が出来ます。

また、官報等でその事実を公表する事もありませんので、金融事故を明るみにする必要がないメリットも存在します。しかしながら、信用情報機関等、民間の機関に金融事故記録が記載される事は回避出来ません。

つまり、債務整理後のデメリットを完全に払しょく出来るものではないという事を、理解しておく必要があるでしょう。

債務整理後の具体的な金融機関利用の制限とは?

では、具体的に任意整理を利用して債務整理を行った場合、その後金融機関の利用に関してどの様な制限が付いてくるのかを紹介しましょう。

まず重要なのは、任意整理はその本人が持つ金融責務に対して、その返済が出来なくなったという事を、認める行為になるという事です。これは信用情報機関では金融事故として取り扱われます。

事故情報の掲載期間は5年間が設定され、月々の返済が遅れたなどの軽微な金融事故とは比較にならない重い対応がなされます。基本的に信用情報機関は銀行系、貸金業系と2系統の信用機関が存在しますが、これらの情報は系統に関係なくその事実が掲載される事になるのです。

つまり、任意整理を行った場合、向こう5年間は国内の金融機関を利用する事は困難であると言わざるを得ないでしょう。その範囲も銀行、その他の金融機関の種類を問わず難しくなります。

では、5年間の経過後、事故情報の掲載期間が過ぎた場合ならどうでしょうか。この場合でも留意しておかなければならない事柄がいくつか存在します。では具体的にその注意すべきポイントとはどの様なものなのでしょうか。

ローン等の利用をするつもりなら知っておくべき事

一般的に任意整理を利用して債務整理を行った場合、その事故情報は5年間信用情報機関に掲載される事となりますが、その返済を終えるのに3年間を必要とした場合、その情報掲載期間は8年となります。つまり、返済期間に掲載期間の5年を合算した期間は新たな借入れが難しい期間だという事なのです。

この返済期間が5年であった場合、掲載期間は最大10年となり、破産者の事故情報掲載期間と変わらないという事になります。この事を勘違いしている方は少なくありません。返済期間を含めれば、新たな借入れは、最悪向こう10年間利用出来ないという事にもなりかねません。

また、それらの期間が経過した後でも、借入れが利用出来ないケースが存在する事について、理解しておく必要があります。例えば任意整理を行った対象の金融機関では、その後であっても事故情報を社内で保管している可能性が高く、またそれらの情報の保持期間に制限がない為、永久に借入れが出来ないケースが少なくありません。

また、それ以外の金融機関であっても、新規に借入れを行う場合は注意する必要があります。基本的に事故情報の掲載期間を過ぎると信用情報はブランクとなり、白紙状態になります。しかし、年齢にもよりますが、普通であれば金融情報がブランクとなっている事は、普通ではあまりない状態だと言えます。

全てを現金決済で済ませる方もいるのは事実ですが、その様な方は多くはありません。つまり、信用情報がブランクになっている方に対する、新たな貸し付けには慎重な金融機関も多く存在するという事です。

更に初回にこの様な金融機関での借入れ申込みを行い、結果その回答が拒否になった場合、その拒否情報は新たに信用情報機関に掲載されてしまいます。焦って複数の金融機関に申込みを行った場合、結果その他の金融機関にも警戒をされてしまう等という結果にもなりかねないのです。一度借入れの申込みを行って拒否された場合、少なくとも3ヶ月から6ヶ月は新たな借入れの申込みを行わない事が安全だと言えるでしょう。

任意整理後に借入れを考える事は難しい?

総括として、任意整理を行った場合、その実施後すぐに借入れを行う事は、現実的に不可能であると考えておくべきでしょう。また、信用情報の掲載期間を過ぎた後でも、借入れを行う金融機関の選択には注意が必要です。更に、新たな申込みを行った場合についても、その回答が残念ながら拒否回答であった場合、その後の申込みについては慎重に行う必要があります。

しかしながら、全く借入れが難しいのかというとそうではありません。金融機関をよく吟味して選択を行う事。長い期間を経て借入れを考えて行く事など、落着いて対処を行う事で、借入れを行う事は可能だと言えます。

具体的には、携帯電話の契約による返済実績等を信用情報に残して行く等という方法から、実績を広げて行くのも有効な方法だと言えます。債務整理後は、決して無理な金融機関の利用については考えてはならないというのが、安全な金融機関との付き合い方だと言えます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ