ヤミ金の取り立てから逃れる方法は?

izon

利用する金融機関の選択は冷静に

借入れや借金の返済に困ってくると、誰でも精神的に参ってくるでしょう。冷静さを失ってくると、通常なら選択しない様な金融機関との取引を行ってしまう事もありえます。しかしながら、借入れについては、いわゆるヤミ金等の非合法な金融業者の利用をする事は、絶対に避けなければなりません。

年間の所得によって借入額の上限が定まってしまう総量規制の導入によって、ヤミ金の利用者が多くなっていますが、これらの金融業者は言葉巧みに借金の利用を促していますが、絶対に完済が出来ない仕組みになっており、借入れをする事で事態がより悪化する事は間違いありません。

しかしこれらの利用を真剣に考える方は、現状を失う事を恐れ、冷静さを失っている場合が多く、ヤミ金業者に取って格好の標的にされてしまっているのです。しかしながら残念な事に、既にヤミ金業者からの借入れをしてしまっている方も少なくないでしょう。

その様な場合、どの様に対処すれば良いのでしょうか。今回はこのヤミ金について、その恐ろしさと対処法を紹介していきましょう。

万が一ヤミ金に手を出してしまったら?

ここまでヤミ金には絶対に手を出してはならない事を紹介してきましたが、既にヤミ金から借金をしてしまっている方もいるでしょう。ヤミ金の返済ノルマは非常に高く、冷静さを欠いている利用者に甘言で巧みに利用を進めてきます。

しかし実際には冷静に見て見ると利息だけでも本人の返済能力を超えた金額設定になっている場合が多く、やがて利息の滞納を含めた元本が更に返済額を増やす事になり、ついには返済自体が不可能な金額になる場合が圧倒的に多いのです。

利用者の多くは破産等の事態に陥る事を回避する為にこの様なヤミ金に手を出すケースが多く、返済が出来ない状況に陥った時には、既に借り入れた金額以上の返済を既に終えてしまっている場合が圧倒的に多いのです。

やがて返済が滞った状況で、激しい取り立て行為にあって初めて、事の重大さに気づく事が多いのです。ヤミ金で最も気を付けなければならないのが、この取り立てです。返済の取り立てに恐れを感じてしまうと、状況が更に悪化し、解決が非常に難しくなります。

そこで、既にヤミ金に手を出してしまった方への対策ですが、万が一ヤミ金に手を出してしまったら、返済の目途がついてるかどうかに関係なく、早期に弁護士等の専門家への相談をお勧めします。

相談の上で、弁護士が相手方の金融業者への対応を行った段階で、後は弁護士の指示に従い行動しましょう。日本は法治国家ですので、非合法な業者への対応は弁護士が最も適切であり、またその様な業者に対する対応も手慣れていますので、安心して任せるべきでしょう。

絶対にしてはならない対応方法とは?

ヤミ金への対応を個人で考える方がいますが、絶対に選択してはならない方法だと言えます。これらの行為は、交渉を難しくするだけでは無く、更に状況を悪化させるケースが圧倒的に多いからです。

弁護士が対応を開始した段階で、当事者はヤミ金業者に対して、それ以降は一切の返済行為や連絡を取る事等は控えなければなりません。弁護士は受任を受けた段階で当事者の代理人であり、本人と同等の権限を持ちます。

つまり、返済の意思表示も、対応の意思表示についても、弁護士の意思があなたの意思だという事になります。その意思とは別に当事者がヤミ金になんらかの行為を行う事は交渉を難しくさせるだけなのです。

精神的に追い詰められても冷静な対応が必要

ここまで、もし万が一ヤミ金からの借入れをしてしまった場合の対処法について紹介してきましたが、ヤミ金の恐ろしさについて紹介していきましょう。

【ヤミ金の怖さについて】

ヤミ金の本当の恐ろしさは借入れをした時でも、返済をしている時でもありません。実は返済が厳しくなってからが、本当のヤミ金の恐ろしさなのです。多くの方が誤解しているのは、ヤミ金は「利用者が返済出来なくなる事」を前提にその貸し出しをしているという事実です。

返済が厳しくなり、取り立てが激しくなった段階で、ヤミ金の中には更に借入れ業者を紹介してくるケースがあります。当然この紹介を受けた業者もヤミ金であり、同じグループなのですが、この様に利用者をたらいまわしにする事で、更に利用者を返済地獄へと追いやるのです。

この様な状況に陥ると、解決は本当に難しくなります。また事件性のある事態が起こり得ないとも限りません。ヤミ金は利用をする事自体がリスクなのです。確かに債務の返済が厳しくなってきた場合に、自己破産等の選択をする事は勇気が必要です。しかし冷静に判断すれば、これらヤミ金の恐ろしさを理解する事で、比較にならないリスクだという事は明白です。

ヤミ金から、いかに他社とは違うなどという甘言を並べられても、非不合法である以上、絶対に良くない事態に陥るという事を念頭に入れて、ヤミ金は利用する事の無い様にしなければなりません。

また、既に利用してしまった方は、インターネットで無料の相談コーナーも開設されていますので、早急に弁護士に相談を開始した方が良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ