借金地獄から脱出したAさんの話

silyaltukinhensai

借金地獄はふとした事がきっかけで始まる事を忘れずに!

借金をする事は誰にでもある事です。しかし借金とうまくつきあえる方、そうでは無く借金で人生に大きな悪影響を及ぼしてしまう方がいるのも事実です。ではこの違いはどこから生まれてくるものなのでしょうか。今回は借金地獄から脱出する事が出来た、Aさんの事例を元にその検証をして行きましょう。

Aさんは普通のサラリーマンで独身、日常の生活ではこれと言って特徴のない生活を送っていました。ただ一つ問題があったのは、無類のゲーム付きであるという事です。最近はやりのスマホゲームに夢中のAさんは、ある日クレジットカードの請求に驚きました。

いくつかのゲームをしていたAさんは、レアアイテムを手に入れる為に課金をしている内に、最初は管理していたつもりが、その内自分がどの程度のお金を使っているのか、分からなくなってしまったのです。

請求は10万円を超えていました。若いAさんは収入がそんなに多い訳でもありませんでしたので、10万円を超える請求が、すぐに返済できる目途を付ける事が出来なかったのです。結果的にクレジットカードのキャッシングを利用した借入れで、その費用を支払う事を考えました。

10万円を超える請求は、結果的に2ヶ月継続していました。同様にクレジットカードのキャッシングを利用したAさんですが、その内その行為がまずい対応である事に気付きます。クレジットカードの返済金額を合算すると、日々の生活が厳しい事に気付いたのです。

結果的に消費者金融にまで日々の不足資金を借り入れる様になってしまったAさんは、多重責務に陥ります。日々の生活で、返済を考えない日がない様な状況に陥ってから、事態の深刻さに気付いたAさんでしたが、幸運にもおまとめローンに出会う事となり、その状況から脱出する事が出来ました。

借金地獄にはまるのには決定的な理由がある

このAさんの事例は最近よくあるケースの一つですが、危うく借金地獄に陥りかけたのは、スマホのゲームが原因なのでしょうか。理由は違ったとしても、競馬やパチンコなどのギャンブル、ブランド品の購入等、借金地獄に陥る原因は昔から存在します。

では何が原因なのでしょうか。これらに共通する重要なポイントが「計画性のない消費をした」という事です。無計画な消費は必ずその人の収支に直撃します。この直撃を避ける為に借入れで分割返済を行うのですが、ここには大きな問題があるのです。

借金地獄にはまる方の心理状態には、共通する大きな「誤解」が生じています。借入れの返済には計画性が必要です。つまり、安全に返済が行えるかどうかが重要なのです。ところが借金地獄にはまる方が考えるポイントは「まだ返済が大丈夫かどうか」である事が多いのです。

重要なのは返済に安全性を考えているのではなく、収入に対してその返済限度を考えているという事です。ところがお金は簡単に生まれる訳ではありません。つまり、収入計画を超える返済が一円でも生じてしまった段階で、その返済計画は破綻し、新たな借入れを行う事に直結してしまうという理屈を理解出来ないでいる訳です。

借金地獄にはまってしまう方の多くに見られるのが、この思考回路になってしまう特徴だと言えます。

借金地獄を脱出したAさんのポイントとは?

Aさんの場合、クレジットカードのキャッシングをしている段階では、この思考回路に沿って行動していました。消費者金融を利用している段階でも、しっかりした収支の精査を行う事無く、何となく大丈夫だろうという、非常にリスクの高い同様の思考で行動してしまったのです。

ところが、まとめローンを利用した段階でこの考えは一変します。幸運だったのは、おまとめローンを利用する事で、負債の総額を把握する事が出来、確実に返済をする為にはどうすべきなのかという解決方法が同時に理解出来た為、前向きに借金返済を考える事が可能となったという事です。

ここで重要なのは、Aさんがこの段階で理解した事は、一体何だったのかという事です。

借入れは計画性が間違いなく最も重要!

この理解出来た事こそ、実は借入れに最も大事な考え方である「返済の計画性」なのです。借入れは怪しい媚薬だと言えます。存在しない現金を利用できるサービスなのですから。しかしながら、自分が将来に手に入れる現金は現実には存在しません。

将来手にするであろう収入を「先食い」しているにすぎないのです。実際には存在しない現金を一度利用してしまった以上、その利用にブレーキをかけるのは至難の業だと言えます。その様な精神状態に、冷静にブレーキをかけてくれるのが実は返済計画です。

無理な返済計画を目にして、更に存在しないお金を使おうとは誰も考えないでしょう。借金地獄から脱出する事は、現実的に見て非常に難しい行為です。恐ろしいのは、その地獄から脱出できるターニングポイントには限界があるという事実です。

そのポイントを超えてしまうと、残念ながら債務整理以外にその状況を解決する方法はありません。まさに病気のガンとよく似ています。ガンは早期発見が最も重要な完治方法ですが、借金地獄も早期の返済計画の立案、更に言えば、返済への計画性の必要性をいかに早期に理解するかが重要なのです。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ